FC2ブログ

サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

掘り終える秋

しばらく暖かい日が続いていましたが、今日は久々に朝から冷たい雨。いつだって雨の収穫はあまり気乗りするものではありませんが、段々と収穫どころか畑に出るのさえも億劫になる、そんな季節です。

何だか今年はすっかり牛の歩みで、ちょっとずつ進めてきた里芋掘りも、この週末で何とか全部終わって、いよいよこの後は畑の冬支度が待ち構えています。

CA3I0003_20141125223841bd2.jpg

(悪い顔して近付いてきたので、春まで芋と一緒に埋めてやろうか?と脅したら、スタコラ逃げて行きました…。)

DSCN0346.jpg

まだ本番まではもう一歩という感じですが、収穫していても、どことなく香りに甘いような感じが加わって(ただの気のせいかもしれませんが…)ホウレン草のシーズンも到来です。何の野菜でもそうですけど、出来と状態が良いといつまでも収穫していたい、そんな気分にさせられます(今は、ホウレン草とブロッコリー、大根がそんな感じです。)。

DSCN0349.jpg

12月〜1月収穫予定のキャベツ畑。結球が進み過ぎると、寒さで傷みやすくなるし、でもあんまり中がスカスカでもガッカリだしと、ちょうど良い状態で冬を迎えるのに、まだまだ試行錯誤の最中です。

DSCN0340.jpg

もうそんな季節かと、毎年脅かすように飛んでくる気球。大体、いつもハウスに葉物を播く頃で、上からボォー、ボォーと音がして、お、また来た来たと慌てて飛び出していくというのを、デジャヴのように繰り返しています。

| 農(ハズバンド) | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

張る秋

いよいよ日が短くなって、畑は冬支度が少しずつ始まりましたが、農園としてはまだまだ真夏の様相というか、(気持ちの)汗ダラダラという感じです。

ちょっと前に霜が降りて、寒くなるかと思いきや、なかなか寒くならず。でも季節はいつだってそんなもので、もうちょっと育ってほしい野菜と、もう育ってほしくない野菜、人の事情なんて関係なく畑は進んでいきます。

この時期になると、大きな仕事は里芋掘りくらいのもので、あとは本当に細々した作業だらけ(ここ数日は玉ネギの間引き・中耕、エンドウ類の種まきなどをしています)。ダイナミズムにはかけますが、何となくの終わりも見えてくる(…というか、ある種の諦めがつく)ので、1つまた1つと片付けていくごとに、また冬が来るなとホッとするような寂しいような気分です。

DSCN0313.jpg

…ところで、今週は猫の手も借りてハウスのビニール張りを。

これも最初の頃は大仕事で、ああでもないこうでもないと、怒号が飛び交う修羅場になったりしたのが、今となっては穏やかな午後のひと仕事。

さすがに何事も経験だし、人間もいくらかは成長するものだと一瞬思いかけたものの、でもひと風吹けば、すぐまた荒れるのは目に見えているので、まぁ何というか、まずは人の手だけで張れるようになりたいところ…です。
(中に植わっているレタスは、今年も12月中旬位から収穫が始まる予定です。)

| 農(ハズバンド) | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吹き荒れる夏

今年は冷夏になる…なんて聞いたのは空耳だったのか、クラクラくるような暑い日が続いています。

これだけ暑いと草は刈ったり、削ったりしたそばから枯れてくれるので、草管理にはもってこいですが、野菜もさすがにバテ気味で、ピーマンなども葉っぱからはみ出た果実が日焼けしてしまっています。

播き始めた秋冬の人参も、最初の分はきれいに芽が出てくれて、その後播いた分は雨乞いをしつつ、せっせと灌水中、あとお盆前にもう1回で播き納めというところです。

…ところで先週末、城里町には夕立とともに突風が吹きました。

台風直撃かというような凄まじい雨風で、残念ながら畑の作物も被害を受けています。

収穫中のキュウリとゴーヤは全滅で、他にもあちこちやられていますが、ビニールハウスが無事だったのと、これからの秋冬野菜が無傷で済んだことは幸いでした。
(人間と猫も飛ばされずに済みました…)

CA3I0018_20140806011039946.jpg

(キュウリ畑だったところ。3列並んだ支柱が株ごと飛びました。)

CA3I0021_20140806011042332.jpg

(曲がるというか、折れてしまった支柱。)

CA3I0019_20140806011040fa4.jpg

作物の片付けは、台風などで慣れっこですが、それよりも周りの木がまぁ見事に畑に何本も倒れてきて(反対側に倒れてくれれば…)、これを切って運び出すのが重労働でした。

あれだけの風で、この位の被害で済んだのは日頃の行いが良かったのか悪かったのか…、何にしてもまた気持ちを切り替えて秋冬野菜の作付けを進めている最中です。

夏の一番暑い時期に、キュウリとゴーヤが入っていないセットをお送りするのは心苦しい限りですが、どうぞご了承下さいますよう、よろしくお願い致します。
(その分、他の野菜でなんとか賑やかにしたいと思います。)

DSCN0170.jpg

(枝豆も、今週からムチムチ食感の黒豆系に変わりました!)

| 農(ハズバンド) | 01:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かまける夏

夏だから…とついつい口から出るのは言い訳ばかりですが、畑にかまけているうちに何だかすっかり浦島太郎のような心境で、いつの間にかW杯は終わり、梅雨も明けようとしています。

心配していた台風も、とりあえず1つ無事にやり過ごして、今年はあといくつやって来るのか、出来ればもう来ないことを(あるいはうちの畑以外を通ってくれることを)、それが無理なら大きな被害が無いことを願うばかりです。

それにしても、本当についこの間夏作の準備をしていたような気がするのに、もう秋冬野菜の準備が始まっていて(今日は秋のキャベツ1番手の定植でした)、ボヤボヤしているとあっという間にまた冬が来ると、尻を叩かれ、叩かれ、何とか前に進んでいます。

田んぼの方は、ありがたいことに1週間泊まりがけで手伝いにやって来た妻の友人が、周りのベテラン農家から、「あそこの奥さんにしては、ちょっと大きいような…」「いつもと格好が少し違うような…」と、(おそらくは)訝しい視線を浴びながら除草を片付けてくれて、何とか今年も稲刈りを迎えることが出来そうです。

DSCN0099.jpg

(おかげで、心穏やかに水の見回りに行けています。)

地上のほうは、収穫に追われつつ、何とか秋冬の畑の準備は整ったので、あとはもうただひたすら作付け計画に従って植えたり・播いたりしていくのみ(それが大変なのですが…)というところです。

DSCN0078.jpg

(たわわに実るナス。)

DSCN0117.jpg

(絶賛収穫中かつ、早くも荷造りに飽きてきた枝豆。)

DSCN0088.jpg

(人間よりも、一足先に夏バテのようです。)

| 農(ハズバンド) | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食い止める梅雨

先週から本格的に枝豆が始まって、油断していたらナスやピーマンも次々実が大きくなってと、いよいよ怒涛の夏が押し寄せつつあります。

CA3I0019_2014070200443213d.jpg
(カボチャも第1弾を収穫しました)

何だか今年は、いつも以上にとっ散らかってしまっていて(毎年そんな事を言っている気も)、決壊しそうなダムを必死で食い止める…みたいな毎日ですが、パートさんも新たに1人加わり、妻を説得して(というか、半ば強行突破で)袋詰めの道具も1つ導入したしで、何とかホットな夏を乗り越えていきたいと思います。

CA3I0016_20140702004431541.jpg

(ネギは今のところ草にせずに済んでいます)

IMG_2478.jpg

…ところで、先日草取り隊が駆けつけてくれて、田んぼの手除草を。
どうしても除草機だけだと株元に残ってしまう草があるので、みんなでヨイヨイ取って回りました。

今年は、田植え後の米ぬか散布+除草機3回で、完璧とはいかないまでも、まぁまぁ何とか穏やかな心境で見ていられるので、今のうちにさっさと片を付けてしまいたいところです。

| 農(ハズバンド) | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT