FC2ブログ

サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラン、イラン、ラン(前編)

昨日、日本の大学生がイランで誘拐されたとの報道があって、詳しい事はよく分かりませんが(10/12現在)、とにかく1日も早い解決を祈るばかりです。

思い起こせば4年前(まだ学生でした)、僕もイランを旅した経験があるので、何となく他人事には思えない気がしています。

05580006.jpg


今イランというと、核とか、アフマディネジャド大統領の過激発言などで、どうしても危険な国のイメージが強くなりつつあるので、この誘拐事件でそうしたイメージがさらに強まったりしないか、(勝手に)心配しています。

僕が行った当時も場所によっては危険な所もあると言われていて、そういう場所には近寄りませんでしたし、所詮1旅行客ですから、限られた部分・場所しか見ていないのも確か、それに4年経った今、当時と状況が変わっていてもおかしくはありません。
ただ、少なくとも僕が実際訪れた土地で危険な目に遭わされたりはしませんでしたし、滞在中、身の危険を感じることもありませんでした。
それに、実際会って接した市民はほとんどが親切で友好的な人ばかり(胡散臭い人も多分にいましたが…)。
とにかく、今となっては楽しい思い出しか残っていません。

05580121.jpg


これはあくまで個人的な見解なのですが、僕の中でイラン人は、ホスピタリティーが強いというか、好奇心旺盛というか、暇だというか…。
もう、ちょっと人がいる辺りを歩くだけで、とにかく色んな人に話しかけられたり、物(お菓子やお茶、果物など)頂いたり、さらには「ウチ来て飯食ってけ」とか「ウチ泊まってけ」とか、もう観光しているんだか、観光されているんだか分からない位に話しかけられたことを思い出します。

話しといってもお互い片言の英語と、ちょっとかじった程度のペルシア語なので、そんなに大した話をした記憶はありませんが、とにかく冗談ばっかり…。
「ウチに今ビン・ラディン匿ってんだ」とか、「9.11指示したの、実は俺」とか、最初笑っていいものか悪いものか対応に困るような、割ときつい冗談と、あとは下ネタ。

もちろん、みんながみんなそういう人ばかりではなくて、中には冗談一つ言わない真面目な人もいるとは思いますが、僕が受けたのはそういう、明るくて、いい意味で適当な印象でした。

05580018.jpg


…なんて、書き出したら懐かしくてついつい長くなってしまったので、今回はこの位にして、続きはまた次回。

| 独り言(ハズバンド) | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cobayam.blog96.fc2.com/tb.php/76-5a6abf30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT