サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

踏ん張る夏

今年は、お盆を過ぎたらめっきり涼しくなって、もう8月も後半だし、さすがにうだるような暑さはもどってこないか…なんて、そんな甘い考えをドロドロに溶かすような、猛烈な残暑が続いています。

当然、高齢化の農村では、日中畑に出ている人の数も年々減りつつあって、でもだからこそ、暑いさなかに畑で行き会ったりすると、気温以上に熱い視線と、一瞬背筋が涼しくなるような微笑みを、ついつい交わしてしまいます。

秋冬野菜の作付けにもいよいよ追われるようになり、借りたい猫の手は全くもってアテにならず、

DSCN0158.jpg

仕方がないなと、コツコツ人の手で進める日々です。

DSCN0183.jpg

(次々苗が待ち構えています。)

ただ、暑い暑いとボヤきながらも、日は短くなる、夜は気温も下がると、確実に秋の気配も漂いだしていて、夏場息も絶え絶えという感じだったネギや里芋などもここへきて勢いを取り戻しています。

DSCN0187.jpg

(夏ネギも収穫が始まりました)

ところで、先日聞いていたラジオにゲイの人がゲストに来ていて、今の若いゲイの子は、何のてらいもなく自分のことを周りに言うようになって、それはとても良いことだと思うけど、でも、ゲイだろうがストレートだろうが、もう少し自分の存在というものに、疑問を持ったほうが良いのではないか、そんな話をしていました。

一方、僕はといえば、いつまでもモグリみたいな気分で農家していて、いまだに座りも悪いし、疑問だらけで、いつかどんと構えて暮らしていきたいと思ってきたけれど、何か最近はそうした不安定さの中で、何とかバランスとって生きていくしか無いかと、そんな気にもなりつつあります(やれやれ…)。

DSCN0176.jpg

(今年も無事に実って、もう少しすると稲刈りです。)
スポンサーサイト

| 独り言(ハズバンド) | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い知らされる夏

毎年、この時期になると田舎ではみんな競ったように草刈りをし出して、個人的にはお盆だから何だということはないのですが、多少は見られる畑にしておこうと、周りからの圧に屈するようなかたちで、せっせと草刈りに励んだりしています。

DSCN0173.jpg

先週末の台風は、この辺りではちょうど良い具合に降ってくれて、夜な夜な灌水した甲斐あってか、それともあの雨一発のおかげのみなのか(前者だと信じたい)、何にしても前回播いた分の人参はきれいに発芽して、そして雨前にもまた絶好のタイミングで播けたので、この分なら今年はもうポンプ要らずで済みそうな感じです。

ちょっと前のうだるような暑さも、台風の後は少しやわらいで、さすがにこのまますんなり秋になるとは思いませんが、暑かろうが涼しかろうが、これから1ヶ月はひたすら植えて・播いての毎日が待ち構えています。

CA3I0001_20140813211649cd2.jpg

(何だかんだ言いながらも、植え付けるというのは楽しい仕事です)

それにしても、一体何度同じ失敗を繰り返すのか、大体こうやって急に涼しくなったりすると、腰を傷めがちで、今年もまた例に漏れず、昨日ナスを収穫していたらやらかして、やれやれ…と。

今回は久々の大当たり(?)で、昨夜は本当にどうしようかと途方に暮れかけていましたが、いざとなったら何とかなるもので、今日は誰にも見られたくないようなマヌケな格好で収穫して、とりあえず事なきを得てホッとしたものの、いい加減こんなことからは足を洗いたいものだと、改めて強く思うばかり…です(はぁ)。

…ところで、先日姪っ子一家が遊びに来て、せっかく来たんだから海にでも遊びに…とはいかないのが、しがない百姓の悲しいところで、でもちょっと近くの沢まで涼みにいったら、これが思いのほか良い気分転換になって、まぁどう考えても真夏にいるべきは畑より川だと、そんな当たり前のことを思い知らされたのでした。

CA3I0024_20140813211650b2c.jpg

| 独り言(ハズバンド) | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吹き荒れる夏

今年は冷夏になる…なんて聞いたのは空耳だったのか、クラクラくるような暑い日が続いています。

これだけ暑いと草は刈ったり、削ったりしたそばから枯れてくれるので、草管理にはもってこいですが、野菜もさすがにバテ気味で、ピーマンなども葉っぱからはみ出た果実が日焼けしてしまっています。

播き始めた秋冬の人参も、最初の分はきれいに芽が出てくれて、その後播いた分は雨乞いをしつつ、せっせと灌水中、あとお盆前にもう1回で播き納めというところです。

…ところで先週末、城里町には夕立とともに突風が吹きました。

台風直撃かというような凄まじい雨風で、残念ながら畑の作物も被害を受けています。

収穫中のキュウリとゴーヤは全滅で、他にもあちこちやられていますが、ビニールハウスが無事だったのと、これからの秋冬野菜が無傷で済んだことは幸いでした。
(人間と猫も飛ばされずに済みました…)

CA3I0018_20140806011039946.jpg

(キュウリ畑だったところ。3列並んだ支柱が株ごと飛びました。)

CA3I0021_20140806011042332.jpg

(曲がるというか、折れてしまった支柱。)

CA3I0019_20140806011040fa4.jpg

作物の片付けは、台風などで慣れっこですが、それよりも周りの木がまぁ見事に畑に何本も倒れてきて(反対側に倒れてくれれば…)、これを切って運び出すのが重労働でした。

あれだけの風で、この位の被害で済んだのは日頃の行いが良かったのか悪かったのか…、何にしてもまた気持ちを切り替えて秋冬野菜の作付けを進めている最中です。

夏の一番暑い時期に、キュウリとゴーヤが入っていないセットをお送りするのは心苦しい限りですが、どうぞご了承下さいますよう、よろしくお願い致します。
(その分、他の野菜でなんとか賑やかにしたいと思います。)

DSCN0170.jpg

(枝豆も、今週からムチムチ食感の黒豆系に変わりました!)

| 農(ハズバンド) | 01:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。