FC2ブログ

サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腹ペコ小林の食いしん道「美味しいイタリアンに眉間ものびーる」編

昨日は取引先のイタリア料理店「リストランテ・ダル・ソウシ」で豪華ディナーを満喫!

なかなか気軽に行くというようなタイプの店ではないので、野菜を使ってもらっているとはいえ、ちゃんと自分で食べてみてからじゃないと紹介できないなーと思っていたのですが、いざ行って食べてみると、もう出てくる料理が全て悶絶もの。「あらいいですねー」を一体何度口にしたことか…。
冗談抜きで、あんなに美味しい料理を食べたのは初めての経験でした。

我が農場からはサラダホウレン草やミニ白菜、それに自家用のネギなんかも使ってもらっているのですが、あんな風に美味しくしてもらえると、1生産者としてはちょっとした感動が…。

シェフも正にプロといった方で、「こういう野菜をこういう料理にこういう風に使いたい」とか、色々と話を聞くだけですごく興味深いというか、刺激がビシバシ。
普通にスーパーなどに出荷するのとはまたちょっと違った感覚で、野菜を作って持っていくのが1つの楽しみになりました。

そんな「リストランテ・ダル・ソウシ」。お店に迷惑がかかるといけないので、連絡先などの記載はちょっと控える事にしましたが、興味のある方はご連絡下さい!
もちろん幻の一店ってわけではないので、ちょっと調べればすぐ出てくるとは思います。
(※なお、お店はほぼ予約制だそうです)

とにかく、まだまだ付き合いは始まったばかり。この先も使いたいと思ってもらえるような野菜を、作り続けなくては!
そんでもって(客としては)、バリバリ稼いでまた食べに行きたいものです。

それでは、ワイフにバトンタッチ。


とにかく感動のディナータイム。(次回はいつ訪れることか…)
これまでのイタリアンの概念が砕け散りました。
美味しいものを食べる時は、人の顔が本当に穏やかになりますね。
この頃は、畑で眉間にシワを寄せてばかりいる小林(ハ)、
この時ばかりはシワも伸びきり(いつもこんな顔でいてくれよぉ~)と
”時間よ止まれ”妄想にかられてしまいました。

そしてこの日知った有り難~い事実、それはここのシェフ、野菜を贅沢に使い、お客様に芸術作品のような料理を一品一品振る舞い、残った野菜はどこも捨てることなく全て食べていて下さっているとの事。
「満席だった日の翌日なんか、物凄い量の野菜食べてるよぉ。」
の言葉に、そんなあれこれ創意工夫し尽くされた上、最後まで無駄なく食べていただける幸せな野菜たちを作らせてもらえていることに感謝あるのみですねぇ。野菜作りに気合い入りまくりです。

今後、節目にはここ”ダル・ソウシ”で食事出来る様、来年ますます頑張っちゃいますよ。

伸びきった眉間よ、永遠たれ!

IMGP2011.jpg
絶妙な食感の「ニョッコ」に最初から度肝をぬかれ、
IMGP2012.jpg
ネギのペーストのようなものにハートを鷲掴みにされ(こんな料理は初めて!)、
IMGP2013.jpg
ちゃんと活躍しているウチの野菜に涙し、
IMGP2015.jpg
人生初のエゾシカ!エゾシカっていえば北海道で時々道路で倒れているのをみかけた記憶がいまだ鮮明に…、ヒトってなんて残酷、これまた度肝を抜かれまくり、
IMGP2016.jpg
チーズを片手にシェフと楽しい一時。

そして(興奮し過ぎて撮り忘れましたが)、2007年度版モンブランなる超美味なデザートも。
ああ、また行きたい…。
スポンサーサイト

| 食いしん道 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。