FC2ブログ

サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

腹ペコ小林の食いしん道「余った時にはみそ汁を」編

さすがに温かいものが恋しいこの季節。鍋やら、カレーやら、シチューやら、食欲の琴線に触れるものは多いのですが、忘れられない1品、「みそ汁」。

一見、お湯にダシと具と味噌を入れるだけという、お手軽料理ですが、その組み合わせは無限大…。
夏場はさすがに飲もうという気になりませんでしたが、最近はすっかり朝のお供。みそ汁ライフをエンジョイしちゃっています。

とはいえ、みそ汁って、わざわざ作ろうってものでもないので、具はどうしても余りモノになりがち。そんなわけで、あまり選択の余地がない場合が多いのですが、その中でも好きな具といえば…

・なめこ+豆腐
→大体キノコ=美味しいものって決まっていますが(僕にとって)、汁の中で縦横無尽に動き回るなめこの食感は、何とも言えず良いものが…。なめこだけでも良いのですが、茶色の汁に茶色のキノコという、モサい感じは否めず。ただそれも、豆腐を足すことによって、都会的洗練(?)が加わります!
さらには、なめこのヌルヌルが熱をキープして、保温効果も倍増。
余りモノという観点からいくと、なかなか飲む機会に恵まれないのですが、だからこそ、憧れというか、常に気にかかる存在です。

・あさり
→日頃から畑に出ていると、どうしても海のモノが恋しくなる…というわけではないのですが、野菜と違って身の回りに常にあるものではないからこそ、たまに食べた時の美味しさもひとしお。何といっても野菜には出せない、あの潮のかほりというか、独特の風味がたまらんですね。

・大根+油あげ
→いよいよ真打ち野菜の登場ですが、メインはあくまで“あげ”。油の力とはすごいもので、みそ汁にもあげの油分が加わることで味に深みが!
あげさえあれば、組み合わせの野菜は何だっていいと思うのですが、ちょうど我が農園でも大根の収穫が始まったばかりで、ハネ品大根が大活躍中。

IMGP1833.jpg

※たまにこんなハレンチ大根が出現するのですが、これは完全に生産者の品のなさから来ていますね、きっと…。

ちなみに、第1弾で播種したものは、今ひとつ肌がキレイではないのですが、味はノープロブレムですので、敬遠なさらずに食べてみて下さい!

IMGP1837.jpg


ネギ+豆腐・・・(僕の中では)みそ汁の王道!もう理屈なしに好きとしか言えません…。
特に今では自家用でネギを作っているので、贅沢に使い放題。
1本とか2本とか遠慮なくたっぷり使えて大満足しています。特にネギは風邪予防にもなるので、この冬は沢山ネギ食べて、風邪しらずで乗り越えたいものです。

パッと思いついたモノだけ取り上げてみましたが、これ以外にも美味しい組み合わせはあったはず。ご当地ものかどうかは知りませんが、イモ産地茨城としてはサツマイモのみそ汁なんてのも忘れてはいけない存在(ただ僕はあんまり好きではないのですが…)。

まあ、みそ汁の具なんてものはいかに余った食材を使うかみたいなところがあるので、とにもかくにも、ウチの野菜を手にして「こんなに沢山買って、余したりしないだろうか?」なんて、悩んだ時にこそ「余ってもみそ汁に使えるじゃないか!」と、迷わずレジに向かう、それこそが正しい買い物の仕方ですね、ハハハ(もちろん、無理のないお買い上げをお勧めします…)。

…なんてドサクサまぎれに宣伝(?)しつつ、食いしん道はまだまだ続く…。
スポンサーサイト



| 食いしん道 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |