FC2ブログ

サンキュウ農園(と、八百屋cafeツチノコ)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雨に負けなかったり どうもやり直しばっかりだったり

この所の天候不順で、ハウス立てを中心とした畑作業が全く予定通りに行かず、パートナーシップにも暗雲がたちこめまくりでございます。
昨日も夕方までは天気も持ちこたえそうな予報だったにも関わらず、お昼過ぎからミゾレ!そして大雨・・・。それでも昨日ばかりはヘタレの私たちも自然に抵抗、アーチ管刺し2棟分完了。もう最後の方は足場はグチャグチャ、バケツに汲んだ水で手の泥を落としつつの作業となりました。考えてみれば久々の自然との闘いだった訳なのですケド。

IMGP2193.jpg


そして今日、やり直しばかりのそれはそれはヘビーな一日となりました。
「先が全く見えん~」と小林(ハ)絶叫。(そんな後ろ向きな言葉に付き合っては後ろ向きがうつってまうわ!)と”やさしく”無視。
果たしてやり直していく中なんとなくコツがつかめてきたところで、本日の作業終了~。
時間が無情にも流れ去ります。
帰りの車中、小林(ハ)は意味不明の雄叫びを3度、発したのでした・・・。

明日も日はまた昇るんだな。
いい天気にな~れ。

| 農(ワイフ) | 18:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪まじり ため息まじり

ようやくハウス立てにも明るい兆しが見えてきたと思ったら、今度は雪に行く手を阻まれております。この間の日曜日の雪が消えるのを待ち、昨日やっとのことで35メートルハウス一本分のアーチ管が”美しく”まことにめでたく設置することができました。今日はもう一棟をやり直す作業をガンガン進めるつもりでしたが・・・天気予報はホント当てにならない!朝の出荷の時からチラホラ白いもの。そして案の定地面はどんどん湿り・・・作業断念。

IMGP2177.jpg

IMGP2178.jpg


気ばかり焦るカラ回り週間なり~。


| 農(ワイフ) | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テキトーとキッチリのはざま

<参考資料>アーチ管と糸ノコで切り取った錆びた部分の記録
IMGP2143.jpg

IMGP2142.jpg



中古ハウスの組み立て(2棟増築予定)を始めたサンキュウ農園ではありますが、山のような試行錯誤を繰り返しつつ、前進と後退を絶妙なバランスでキープ、少しずつ少しずつ完成へと向かっています。(そのハズ・・・)
ハウスは昨年も立てているので、中途半端な知識と自信とで、初期工程のアーチ管を刺す際に本当はどこまで土に刺すかをマークしてから行う所を、中古ゆえに錆びたところを切り落とした長さもまばらなアーチ管を前に、「長さバラバラだし、何とかなりそうだし、適当にガーっと刺してって、あとでサーっとそろえてけばいいよね~」なんてかなり危険な怠け根性が抑えきれず、それなりに肘やら腹筋やらを酷使した結果はコレ。(注・まぁ哀しいかな女子のかよわき力ではそれほどの戦力にはなり得ず、勝手に筋肉ばかりが疲れていっているのですねぇ。力仕事は素直に男子に頼り、素直に感謝なのですねぇ・・・。だからといって、できないと思われてハナから排除されるのはイヤ、わがままなんですねぇ・・・。うちの社長も大変だ。許してくれていることが本当に有難し。←この感謝の念は冷静でないと実際湧かない、小さい小さい。)

お見せするのは少々お恥ずかしゅございますが、ジャーン!

IMGP2154.jpg

見事に不揃いな中心にただただ絶句。”サーっと”そろえられるはずもなく、あまりのもどかしさにお得意の(?)「パートナーシップ崩壊寸前」になったので、作業一時中断。
レタスの畝立てやスナックエンドウの種まきなどのリフレッシュ。ふぅ~~~。


そりゃあそうでしょう、キッチリやらんといかんことはやらんといかんでしょ。
気を取り直して1棟目はそのままに、2棟目のアーチ管には全てマークを施し、すでに笑えるくらいに痛い腹筋でもうひと踏ん張り。その結果は・・・。
ジャーン!

IMGP2153.jpg

う、美しい~~~・・・。
これかぁ、テキトーとキッチリのはざまに潜む天使たちの悪ふざけ。

本日の作業(2/2)これまで。
IMGP2155.jpg

| 農(ワイフ) | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すれ違い、ともに永遠に 2008

年末年始の食い倒れの日々、そしてDウンTウンを筆頭に、Y本興業を中心としたお笑い三昧のだらけきった日々…。仕事初めは1月3日でしたが(社長は2日からと思っていたらしいのですが、社員のデモにより断念)、体は全く動かず、情けないの一言に尽きる農園2年目のスタートを切ったのでありました。

そしてまぁコレは昨年も多々見受けられたことではありますが、2馬力ゆえの確執といいいますか…、人は心底、それぞれ全く別のものなんだ!と深く深く再認識させられるのです。

例1 A「よ~し、今日は頑張っちゃうぞ~!アレやってコレやって…♪」
   B「だる…。やる気が起こらん…。早く帰ろ」

例2 草取りや種まき時、用意スタートで当たり前のように右から始めようとする者 、そしてこれも当たり前のように左から始めようとする者…。(この場合、特に差し支えない場合は、そのまま続行!これにて円満。)

例3 私は「きな粉もち」も「あんこもち」も「おしるこ」も大好きだ~~~!!
   (1月15日付け小林(ハ)の記事参照。) 

とにかく何かを始めようとした時には、ほとんどの場合すれ違いが土台となる訳です。
まぁでもコレは必然と言ってもいい現象ですよね。その”違い”から生まれるものもまた財産…。自分も歯がゆく、同時に相手も歯がゆい、そんなこと忘れないように農作業できたらいいですね~。(いつも揉めてる訳じゃないですよ!念のため)
でもこの1年ですれ違い派生のストレスはかなり回避できるようになりましたよ。
一番の大敵は「疲れ」。疲れる前に力を合わせる作業は済ませてしまい、疲れてきたらお互い半径10メートル以内に決して近付かない(全く視界から消えることも効果大)、これにてやや円満。
2人しかいないんですからね、腹の立つ事もあるでしょう、飽き飽きすることもあるでしょう、それでも[すれ違い」をも畑の肥やしにしていけたなら!眉間にシワをよせている人に収穫された大根と穏やかな瞳で収穫された大根、どちらがステキなのか…。
どちらをお客様にお届けしたいのか…。答えは明白(少なくとも私の中デハ!)。

感無量…。
感無量…

今年も張り切ってすれ違いま~す!
どうか今年も農園をそして私たちを宜しくお願い致します~。



ある日のホウレン草(露地)収穫。土が凍ってるのでまず約3センチ四方のブロック状に土をカット、その後土を剥がしていく作戦に出た!
   ↓
たくましさトップクラス!

| 農(ワイフ) | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとハマりますよ…

夏の終わり頃、農園初のアブラナ科に手を出しました。
その名も”プチヴェール”

甘くて美味しいアブラナ科、青虫を始め様々な虫さんの大好物。
本当のところ、大変なのが目に見えるだけに、当時、暑さでうだったドロドロの脳ミソでは避けれるのものなら避けたい!方向にばかり考えも傾いていたのですが…。気持ちとは裏腹に、苗を買い、定植し、うまくいけば冬の主力野菜になるのかも!?という淡い期待を頼りに今日まで闘ってきたのでした。

想像を絶する虫虫虫・・・・・・・・。潰しても潰しても新しい命は容赦なく生まれ、いっそのこと全部枯れてしまえ!などと邪悪な心理状態に何度追い込まれた事か。小林(ハ)の防除作業もまさに汗と涙の集合体…。

それでも日ごと寒くなるにつれて、虫さんの動きは鈍り、中には凍死(凍眠?)しているものも。(中には今なお元気に活動されている強靭な肉体と精神を持つものも。)

そうこうしている間にどうやら収穫時期らしいことが分かり、…というのも2人とも”プチヴェール”を見た事も食べた事もなく、一体どの状態が収穫適期なのかさっぱり分からない状態。「多分、巻いてくるんだよ。」とか「芽キャベツみたいなことでしょ。」ぐらいのいい加減な心構えだったので、偶然出荷先で出くわした先輩生産者の方に「巻かない巻かない、もう穫らなきゃダメだよ~」と教えてもらい、そのまま畑に直行。「おぉ、コレだったのか~」「美味しいのかな…」「ブロッコリーみたいな匂いだねぇ」などと言いながら収穫し、早速おやつ代わりに熱湯で2分(即座に鮮やかな緑色に変身!!)、塩とマヨネーズで頂きました。

すると…甘さにコクが見事にマッチし、なんとも美味。
しかも栄養素的にもかなり凄いヤツなんです。
カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄…これらの全てがブロッコリーを軽々上回り、中でもカルシウムは約2倍、鉄に至っては約5倍という驚きの実力!

冬の緑黄色野菜は、キミに決定~!

どうかどうか一度お試し下さいませ、本当にオススメです。



本日のプチヴェール料理
プチヴェールを荒めの千切りにし、マイタケとともにガーリック炒め~
IMGP2021.jpg

| 農(ワイフ) | 20:40 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT